茨城県立土浦第二高等学校
 
 

箏曲部


 私たちは箏・三絃など日本の伝統楽器をつかって古曲から現代曲まで幅広く合奏の練習をしています あわただしい毎日ですが、ホッと癒される時間を過ごしながら、日本音楽を大切にして守っていきたいと思っています

R2 部活動の活動方針等について(箏曲部).pdf

R2 土二 部活動休養日の設定確認表(箏曲部).xlsx


昨年度の主な活動(平成28年度)

 

 

1.平成28年6月3・4日
  土浦二高あゆな祭

  オープニングで筝曲合奏を披露しました。

  4日の公演では全体合奏や学年曲などバリエーションにとんだ演奏形態や曲を聴いて頂きました。


2.平成28年6月17日
 第42回県南地区高等学校音楽会に参加しました。部員全員の気持ちをひとつにして「麗韻(れいん)」を演奏しました。
 

3.平成28年10月25

  茨城県高等学校総合文化祭に参加しました。

  「螺鈿」を演奏し練習の成果を発揮することができました。

4.平成29年1月5日
  茨城空港にて,新春イベント「お琴演奏」をひらきました。寒い中,多くの方が観に来て下さいました。


今年度の活動予定(平成29年度)
1.6月9・10日
 土浦二高あゆな祭で講演

2.6月16日
 県南地区高等学校音楽会に参加

3.7月31日・8月1日
 全国高等学校総合文化祭(宮城大会)茨城県代表として参加

4.10月
 茨城県高等学校総合文化祭に参加

5.1月
 茨城空港にて演奏会 

いつも筝曲部を応援してくださっている皆さまありがとうございます。

現在私たちは1年生7人、2年生16人、3年生15人で活動しています。
ほとんどの部員が初心者なので心配はいりません。

男子も大歓迎なので、みなさん土浦二高の筝曲部で日本音楽を楽しみませんか?


 
~箏曲部の歴史~

昭和55年
部員数15名にて創設
昭和59年
この年から連続して県高等学校芸術祭に参加し、当時唯一の箏曲発表校として注目を集めていた。
平成元年
茨城県を代表し第13回全国高等学校総合文化祭岡山大会「日本音楽部門」に出場。
発表曲は坂本勉作曲の「日本抒情歌集」
当時の部員数は45名だった。
平成3年
第15回全国高等学校総合文化祭香川大会「日本音楽部門」に出場。
部員数23名(箏20名 十七弦2名 フルート1名)
平成12年
第24回全国高等学校総合文化祭静岡大会「日本音楽部門」に出場。 
発表曲は水野利彦作曲「麗韻」
部員数28名(箏20名 十七弦2名)
平成16年
創立100周年後、次の100年への大躍進を誓いつつ4回目の全国高等学校総合文化祭出場を目指して猛練習の日々を送る。
平成17年
7月26日(火)・27日(水)・28日(木)の3日間、青森県で実施される 「第29回全国高等学校総合文化祭」日本音楽部門に茨城県代表として参加。
平成19年
7月31日(火)~8月2日(木)の3日間,島根県で実施される「第31回全国高等学校総合文化祭」日本音楽部門に茨城県代表として参加。
発表曲は「みだれ」
平成21年
7月30日~8月1日の3日間,三重県で実施された「第33回全国高等学校総合文化祭」日本音楽部門に茨城県代表として参加。
発表曲は「氷華2題」
平成23年
8月2日~4日の3日間、福島県で実施された「第35回全国高等学校総合文化祭」日本音楽部門に茨城県代表として参加。
発表曲は「春よ来い」初の茨城合同による発表を行った。
平成24年  
7月8日「第22回都山流尺八演奏会に参加。
8月9日~12日、富山県で実施された「第36回全国高等合同学校総合文化祭」に参加。
        日本音楽部門において茨城合同演奏で「黒田節による幻想曲」を発表した。
平成26年
7月30日~31日 茨城県で実施された「第38回全国高等学校総合文化祭」に参加。日本音楽部門において茨城県代表として「瀬音」を発表した。
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項

(c) 2015 茨城県立土浦第二高等学校 All Rights Reserved.